育児

2010年6月26日 (土)

『育児の百科』

妊娠~出産、育児の経験を通して、今まで読んだことのなかったジャンルの本にも多く出会います。どれも何らかの形で「いのち」に関わる内容ですから、セラピストとしても大変勉強になります。

今回ご紹介するのはタイトルにもある通り、『育児の百科』(松田道雄 著)です。

妊娠前から6歳になるまでの時期を細かく分け、それぞれに「この月の赤ちゃん」「そだてかた」「環境」「かわったこと」「集団保育」の項目が用意されています。
小児科医、しかも男性にもかかわらず、赤ちゃんの身体の様子や心理状態、お母さんの心理状態、家族の様子、体重の増減や母乳の量、睡眠や寝かしつけ、その時期特有の代表的なトラブルなどがほんとうに丁寧かつ簡潔に説明されています。「産休あけにつとめにでる母親に」「入浴の時刻はいつがいいか」「「排泄のしつけはまだ早い」「離乳への道はひとつではない」「お菓子のあたえかた」など、その時その時の発達段階で気になることがきちんと網羅されているし、以下に紹介するように読み物としても面白いのです。

amazonのレビューを見ても絶賛の嵐!ですが、私のボキャブラリーではその素晴らしさを説明しきれないので、何箇所か抜粋してみます:

(以下抜粋)
生後4ヵ月から5ヶ月まで
赤ちゃんの体重は、赤ちゃんの食欲のメーターである。よくのむ子は重いし、それほど飲まない子は重くない。(途中略)いつもきげんがよいのに、あまり乳をのまないのは、ガブのみすることを好まないたちなのだ。おとなに大食と小食とがあることを、あやしまないのに、なぜ赤ちゃんの小食だけをとがめるのだろうか。(途中略)人間のねうちを体重できめるのは、はなはだ失礼なやり方である。

生後5ヵ月から6ヶ月まで
5ヵ月から離乳期にはいったというので、人生万事離乳の生活をしてはいけない。赤ちゃんにとっても、食べることは人生の楽しみの全部ではない。(途中略)(離乳食を)つくる楽しみは母親だけのもので、赤ちゃんはそのあいだ放っておかれるだけだ。
裏ごしだのすり鉢だのをつかって、あまり手のかかる離乳食をつくるのに賛成しない。それだけの時間を赤ちゃんの鍛錬にまわしたい。

生後9ヶ月から10ヶ月まで
父親が勤め先から帰ってくるのが9時ごろという場合は、11時まで赤ちゃんがあそんでいるのも、家庭の団欒からいって、よろしい。(途中略)赤ちゃんは7時にねかしつけないといけないとかんがえて、せっかく帰ってきた父親もドロボーみたいにぬき足さし足で部屋に入り、会話も低音でやり、それでいて、赤ちゃんに夜中に目をさまされてあそばれたり、(途中略)父親の熟睡をさまたげ、父親が赤ちゃんをしかりつけるというのでは、何のために父親と家庭をつくっているのかわからない。
(抜粋以上)

抜粋していて初めて気がつきましたが、平仮名が多用されているから優しい気持ちがより伝わりやすいし、読みやすいのかもしれません。

この本全体を通して感じるメッセージは、「たいていのことは、よくのみ、機嫌もよければ大丈夫。子供はそれぞれ違うから比べない、焦らない。西洋式の考え方一辺倒ではなく、日本伝統の育児観にも見所はある。子供のことを一番よくわかっているのは母親なのだから、自信をもって!」

もう1点強調しておきたいのが、随所に見られる挿絵。
なんと!全ていわさきちひろさんなのです!!!
贅沢でしょう?
挿絵だけ見ていても心が癒されます。
(定本・最新版など色々なバージョンがあって、いわさきちひろさんの挿絵がないバージョンもあるらしいです。未確認ですが。私が購入したのは「最新版」です。)

セラピストとしても、生命力のすごさや医者との付き合い方、人が発達していく様子や意味など示唆の多い書籍です。分厚いので一度に読み通すのは難しいですが、興味のあるところだけ読んでいっても何かしら学べると思います。

定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫)

著者:松田 道雄

定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

ステップアップ

いよいよGWに突入、お天気にも恵まれた鎌倉はすでに多くの人で賑わっています。
江ノ電の鎌倉駅は混雑のため入場規制されていて駅の外まで長蛇の列。上海万博を伝えるニュース映像のようです!!

さて、そんな素敵な5月の始まり、
息子とは今まで1つの布団に一緒に寝ていたのですが、最近は、まさに「大」の字で寝るのに加え寝ていてもよく動くようになってきましたし、くっついているとお互いにかなり暑い!こともあり、隣に息子用の布団を用意し1人で寝かせてみることにします。

この布団、出産前からちゃんと用意してあったのですが、全然出番がなかったのです(眠れぬ毎日ですが)。

私の腕にぶつっかったりすることもなくなれば、今よりまとまった時間眠れるようになるかも知れません。
寝ぼけ眼で起き上がって小さなこぶしで目をゴシゴシする様子を間近に見る機会が減るのは残念ですが(笑)。さてさて、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

気をつけていること

今日の読売新聞朝刊に「チンパンジー 悼む心?」という記事が掲載されていました。
母親チンパンジーが亡くなった子供を放置せず、ミイラ化するまで離さなかった、というお話。心に沁みます。

さて、今まであまり意識してやっていたわけではないけれど、心がけていて良かった(かも)と思えるコトをいくつかご紹介します。

・添い寝の息子、左右交互に
添い寝乳で同じ布団に寝かせていますが、昨日私の左側に寝かせたならば、今晩は右側・・・というように、毎晩左右を入れ替えています。どちらかに偏らせると、向き癖がついちゃうかしらと思い、添い寝乳に不慣れで親子ともども苦労していた出産直後から意識しています。最近「頭の形がキレイだね。」と続けて褒めていただいけて、コレのせいかな?と。分からないですけどね。ちなみに、ドーナツ枕の類は使わずにフェイスタオルを折りたたんで頭の下に敷いているだけです。授乳のたびに上半身起こしてにじり寄ってくるのでタオルの上に頭が乗っている時間は短く、あまり役立っていないようですが(笑)。

・授乳は左右交互に
皆さんそうされているのかと思ってましたが、「子供の頭を左側に抱くほうが楽だから、ついつい左側の授乳が多くなっちゃって」と仰る方もいるのですね。人それぞれ身体のクセや構えがありますから一概には言えませんが、できることならば左右(なるべく)対称に飲ませると良いんじゃないかな、大して根拠はないですけど。やはり、使われていない機能はサボってしまうだろうし、一日の結構な時間を授乳に費やすことを考えると、授乳姿勢が母体の姿勢に与える影響もあると思います。肩こりや腰痛持ちの方などなおさらで、症状の緩和までいかなくとも、せめて悪化させないよう一度チェックしてみると良いかもしれません。ついでに、首の角度も前に屈みこみ過ぎていないかチェック。
軽いこわばりは、前屈の要領で上半身を前に倒し、だら~んと脱力するだけでも随分軽減されると思います。お口の中まで脱力!ですよ(←意外と抜けていないハズ)。

・冗談でもネガティブなコトバかけはしない
ロルファー(ロルフィングという筋膜にアプローチする繊細なボディワークを行う人)である友人に抱っこされた息子がニコニコしていたので、「今日はここに置いて行っちゃおうかな~。」と言ってみたところ、友人が「今のちゃんと分かってるね。」と教えてくれました。身体がかすかに反応したようです。まだまだ会話など成立するはずもない幼い「人」ですが、こちらから発する言葉を存外しっかり受け取っているかも知れません。さすがにシャレまでは理解してもらえないかも?なので、皆さんもお気をつけください。
どうせならポジティブな言葉をた~っぷり!言葉で身体が変化する、それって究極のホームメイド整体術です、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

いよいよ警戒体勢に

気持ちよく晴れ渡っています。
今度こそ春らしいお天気続くでしょうか??

春の訪れとともに、活発さを増す息子ですが、ずり這いのスピード日々加速中です。

目標がコレと定まると、一目散にずり這い!
1 手(主に右手)を前へ伸ばします
2 前についた手の力と足のキック力でグイと前進(お腹は床についたまま)
3 方向転換は、両手を交互について思いのまま♪
たまに、腰が浮いて、ハイハイの形にもなります。
ちなみに、さらに腰が上がっちゃう姿勢を、高バイと呼ぶらしいです。

問題は、その「目標」設定。

せっかく用意したプレイマットやおもちゃ類にはあまり関心を見せず、
部屋の片すみに積まれた雑誌や本、取り込んだばかりのピカピカの洗濯物、
ベッドや机の脚、オイルヒーター、テレビのリモコン・・・など「リアル」なものへばかり向かっていくのです。
それでも、手が届く前にどけていれば何事もなくすんでいて、例えば新聞を掴んだところをガーゼハンカチに持ち替えさせても気が付かず、「まだまだ赤ちゃんだものね」とちょっっぴり余裕さえ感じていたのですが(笑)、
食いつきの度合いが異なったのがカメラ。もの凄いスピードで近づいていき、気がついた私が(ちょっぴり余裕で)さっと除けると、

泣き叫びました。

な、なんと。不満をあらわに。しかもしばらく泣き止まず。
(本当は空腹だったり他の理由かも知れないですけれど)

これから、ますます欲求がはっきりしてきて、こういうコトが増えるのでしょう。
成長を喜ぶ気持ちと、警戒心と。

001_2
部屋のグリーン受難。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

50→70

気候が定まらぬまま、花酔いでもないでしょうに、気がついたら4月も終盤です。

とはいえ、「衣替え」にはさすがにまだ早いと思うのに、新生児時代からの肌着や洋服から次々とサイズアウトしていく息子。日々、脱皮中。
出生直後は、サイズ「50」。可笑しいくらいに小さい肌着なのに、それでもブカブカで肌着の中で泳いでいるようでした。

それが現在、サイズ「70」。身長は、15cmくらい伸びたでしょうか。おおよそ3割増!体重にいたっては、2倍強。脂肪もたっぷりついているし、お座りしたり腕で上半身を支え首を起こす筋力もついてきています。興味を持って手を伸ばしたり、嬉しいとき・楽しいときに笑ったりと感情面も豊かになってきています。泣き声にもバリエーションが:「うえ~ん うえ~ん(お腹空いた)」、「ぅんぎゃ~~~(頭ぶつけて痛い)」「ぃえ~んんん、へへぇ~ん(眠いのに寝付けな~い)」「ふぇふぇ(甘えたい)」「あ~~~(抱っこ~)」・・・合ってるかしら???。
母乳の栄養だけでこんなに成長するのです!当たり前のことなのですが、改めて考えてみると、やっぱり自然の仕組みはほんとうにスゴイ。

「ホリスティック」という言葉と向かい合って以来、自然に対し常に畏怖の念を抱き続けていたつもりですが、「答えはここ(自然)にある。」「自然の流れに委ねるのみ。それは負けや諦めではない。」とほんとに腑に落ちたのは、妊娠~育児を通してだと思います。
まだまだ、いやここからさらに深き学びの毎日です。脱皮中の息子とともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

主観と客観

温かい雨になりました。
今日は、二十四節気の「穀雨」、穀物を成長させる雨のことですから、ぴったりなお天気ですね。

鎌倉の山の色合いも、淡い霞むようなグリーンからくっきり弾むようなグリーンへと移ろいはじめています。

雨や湿度の高い日は、うつらうつらしている我が息子ですが(アーユルヴェーダでいうところのカパ(水)タイプなのでしょうか???)、最近、立て続けに「女の子?」と聞かれます。「やさしい顔立ち」だと言ってくださるのです。

私には、金太郎似のやんちゃな男の子にしか見えないのですが・・・面白いものです。
主観的・客観的なんてよく言いますが、親である私から見る息子像はすでに主観で100%なのでしょうね。
肝に銘じておかなくては。

ちなみに、子育て経験豊富な方々のお話だと、抱っこすると性別がわかるのだそうです。
男の子は背中がしっかりしていて、女の子はふわふわというかクニャッと柔らかいのですって!へぇ~。

clip赤坂見附の女性専用サロン「ロワゾブルー」(アロマ・整体・リフレ・ゲルマ他)のスタッフブログです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

生後6ヵ月、できるようになったこと

まだ三寒四温なのでしょうか?
相変わらず天候の変化が激しいですね。
周囲でも体調を崩している方が多いようです。
新しいコトが始まる季節。
ただでさえ、気持ちがフワフワしがちなところに思いのほか不安定な気候ですから、春こそ体調管理にしっかり気を配りたいものです。

さて、早いもので息子は生後6ヵ月を過ぎました。
この時期は、日々できることが増えていきます。
日々・・・いや「刻一刻と」という感じです。

・手
「掴みたい、触りたい」と思ったものへ、すっと手を出せるようになりました。ただ、的中率は8割程度。2,3回トライしてようやく掴めるときもあります。
興味の対照は、人の手や顔、お気に入りのおもちゃ、パソコンのキーボード、リモコン類、時計などなど。
また、手の平でペタペタと叩く仕草が多いです。感触を確かめているように見えます。結構飽きずにペタペタペチペチ・・・し続けています。やはり、右が利き手なのでしょうか。最初は右手から、続いて左手に。

・口
何かを「知りたい、確かめたい」とき、息子は口を使います。とにかく何でも食べようとします。相当、無防備に食いつくので、そろそろ息子の周囲に危ないものがないかどうか、常に気を配らなければいけません。
どうして口から世界を知ろうとするのか・・・原始的な生物は消化管しか持っていないことから考えても、生きることの基本は「食」、世界とのつながりも「食」を通して、つまり「口」なのかね、などと夫婦で話したりしています。(ということは、消化管のもう一方、スムースな「排泄」「消化」も命の基本なんでしょうね)

・足
授乳中、空いている手で自分の足をつかむ仕草が見られるようになりました。
赤ちゃんの発達は上から始まる(頭→手→足)そうで、いよいよ足に注意が向かい始めているのかも知れません。

・運動
ズリバイ(腹ばいで移動する)での方向転換はかなり自由にできるようになりました。
一人でお座りしている光景も当たり前のようになってきました。
最近は、腹ばいの姿勢からお腹を持ち上げて、すわハイハイか!?という段階です。

・笑顔
十分に運動できている時や動作を「スゴい、スゴい」とほめられた時に満面の笑みを浮かべます。邪気が全くないというか・・・笑顔を見せてくれるたびに、社会的な笑みを身につけてしまった自分をこっそり反省しています。
初めてあるいは久しぶりに会った人に対しては、人見知りというほどではありませんが、しばらく一緒にいて慣れてから微笑みます。

意識しなければ、相変わらず授乳とおむつ替えと泣き声の毎日ですが、変化を探しているといかにダイナミックに成長しているか、ほんとうに目を見張ります。
遊びに来てくれた友人とも話していたのですが、私たちも他の生物も皆こういう段階を経て今に至っているのだと思うと何だかすべてが愛おしくなります。不思議な感覚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

スゴいな、わらべ歌

自然出産や自然育児が注目される流れの中、
「わらべ歌あそび」が見直されはじめているのをご存知でしょうか?

わらべ歌のリズムやメロディは、日本人が生まれながらに持っている音階、つまり昔からの人々(特に子供たち)の話し言葉の延長から作られているそうです。
わらべ歌って、メッセージがないというか、なんとなく地味~なイメージがあったのですが、色々なわれべ歌を知るにつれ、素朴で心の奥の方にじわ~っと届く感じがとても良いなぁ、気持ち良いなぁ、と認識も新たにしています。
使われているコトバも、おばあちゃんたちが使っていたようなまぁるくてあたたかい感じ。

中でも、次に紹介するわらべ歌は「すごいな~」と感心してしまいました:

「ぼうず ぼうず か~わいいときゃ かわいいけど に~くいときゃ ぺしょん!」

最初はリズムに合わせて子供の頭をなでてあげて、
「ぺしょん!」のところで、軽くたたくんです。

子育てしていると、自分の思う通りにコトが進まなかったり、子供が泣き止まずイラついてしまうことがままあります。そんな時、「こんなコトさえ上手にできないなんて」「また失敗してしまった」「母親失格だ」などと自分を責めていると、どんどんどんどんつらくなります。
真っ只中にいるとなかなか気がつきにくいものですが、でもやっぱり、イラつくことがあって当たり前なんです!
そういうちょっと気持ちがささくれ立ったとき、「ぺしょん!」ってしてみる。
こんな軽い気持ちの圧抜き、とても大切な気がするんです。
音のかわいらしさもいいし、軽さもいいでしょう?(笑)

真面目な人ほど、上手に息抜きできなくなり自分を追い詰めてしまっている・・・それは子育て中のお母さんに限らず、臨床現場では良くみられるケースです。いきなりリラックスの達人になるのは難しいかもしれませんが、その人なりの「ぺしょん!」を見つけて、ストレスに対し、小出しに対処していければ、随分助けになると思うのです。

あなたの「ぺしょん!」は何ですか?

それにしても深いな~ わらべ歌。

clip「ロワゾブルー」(赤坂見附;アロマ・整体・リフレ・カウンセリング・ゲルマ他)では、心理カウンセリングもお受けいただけます。ストレスの対処が苦手な方、あなたなりの息抜きの方法をまずは見つけてみませんか?自分が変わると周囲も随分変わるものですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

金太郎だっ

我が家に金太郎さんがやって参りました!

両親から初孫への5月人形の贈り物です。

穢れのない眼差し、頑張って力んだ口もと、ふっくらした頬手足、

P1000989_2

古来から子供の成長に託されてきた親の想いのようなものがひしひしと伝わってきます。

それにしても、似ているんですよ息子に。ほんとうに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

春の嵐か、鬼のかく乱か?

ここのところ、気温の変動が激しいですね
皆様は体調崩されたりされていませんか?

私は・・・久しぶりに大ダウンしました・・・鬼のかく乱?春の嵐??

日曜から悪寒・頭痛・吐き気・鼻水など風邪の見本市のような症状に見舞われていました。
以前ならば、頚椎7番(背中側の首の付け根あたり)と仙骨にホッカイロを貼って、ビタミンCを定期的に摂取しながら絶食して一晩ゆっくり寝れば大丈夫!なところですが、

息子がいる今、授乳やその他のお世話で自分のリズムで休むことはままならず、
絶食して胃腸を休ませたいけれど母乳が出なくなったらと考えると食事もした方が良さそうだし、
いつもは全然気にならないおむつ交換時のニオイで吐き気が強まる自分に自己嫌悪する始末です(涙)。

変なところで、育児の厳しさを実感してしまいました。

ちなみに、今回の窮地を救ってくれたのはホメオパシーのレメディ。
症状は色々ありましたが、進行は緩やかなように感じたので、まずは「Ferrum phos.(フェルム・フォス)」をチョイス。30分おきに3回ほど摂取して翌朝にはほとんど熱感はなくなっていました。
母乳育児中なので、市販薬はちゅうちょする中、
自分がホメオパシーを摂取するのは初めての体験でしたが、ほんとうに助かりました~。

ちなみに、母体が風邪を引いている間の授乳ですが、
その期間の母乳には、その風邪への抗体がたくさん含まれているので、むしろ積極的に母乳を飲ませることで、赤ちゃんは感染しないか、感染しても軽くて済むとのこと。
知れば知るほど、自然の仕組みは素晴らしいですね。

息子は今のところ元気に過ごしています。
今も後ろで、腹ばいになりながら右へ左へ動き回っています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)