« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月15日 (日)

再び・・・トイレトレーニングの春

暖かくなってきました。

となると、近所のママさんたちの間で自然と立ち上るキーワードがあります。

それは……「トイレトレーニング」

暖かくなる季節におむつ外し、は今も昔も変わらない常識。
けれども、私たちが赤ちゃんだったころは、
1歳の夏におむつ外し、が常識だったそう。

「だったら!」とやる気マンマンだった1歳の去年でしたが、
結果は残念。
なんとなく なし崩し的に、トレーニングしなくなっていきました。

今思えば、その原因は
母親である私自身が「できなさそうだなぁ」と思ってしまっていたためでした。

  • あまりにもまだ尿の間隔が狭かったこと、
  • ハードル高いうちから頑張りすぎて、
    「トイレは嫌なところ」、「う●ちやおしっこは忌み嫌われるもの」
    というような印象を植え付けたくないなと思っていたこと、
    などが主な理由でした。

そればかりか、昨冬は成長とともに尿の量も増えていき
…布オムツもやめてしまうという体たらく(汗

というわけで、リベンジの春!です。

# 実際のところは、昨年オムツ外しができなかったことは、
# まぁ、あんまり気になっていません(笑
# できていたら、それは素晴らしかっただろうなぁとは思いますけれど。

# それくらいでないとキツいですよ、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

ある夕食の一風景

豚肉を焼いて細かく刻んだのがいたくお気に召した様子の息子、
こちらの制止も振り切って、
豚肉ばかりをどんどん食べ、あっという間にお皿からなくなってしまいました。

息子「おにく、もっとたべる!」

私「もうないよ」

母親のすげない反応に、息子、しばし考えて考えて……

私のお皿に残っている豚肉を指さしながら

「これ、どうもありがとう (*^。^*)」

暗に「この肉、おくれ」と催促されてしまい、大爆笑のひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

とうとう(たぶん)卒乳

4月に入って2歳6か月となった息子。

2歳6か月になる直前には、突発性発疹も済ませて、

とうとう……卒乳の気配です。

1歳を過ぎたころには、
日中や外出先などで飲みたがることはまったくなく、
すでにお昼寝前と夜の就寝前の2回きりにはなっていましたが、割合しっかり両側から飲んでいました。
2歳になるころには、相変わらず1日2回限定の授乳を続けていましたが、
世間一般的には「1歳でおっぱいは終わり」とされていることに加え、
公的な検診の場所などで正直に「授乳中」と答えると、
遠慮がちにではあるものの、保健師や歯科衛生士の方からやんわり断乳を勧められたりするので、
周囲に堂々と「授乳中」とは言えない感じになっていました。
ちなみに、家人や実家の母が面倒を見てくれているときに一人で眠ることは、すでにできていました。

食事も3度3度しっかり、たっぷりいただけていましたので栄養面での必要性はもはやなく、
夫婦とも、「愛着」の問題として捉えて、本人が必要としなくなるまで様子を見ようと考えて今日まできています。

ただ、さすがに最近は授乳の際に抱きかかえるにしても、
息子のからだが大きくなり過ぎて、うっすら違和感を感じていたのも事実(笑)。

ときおり、私から「もうおっぱい要らないね」「お兄ちゃんは、もうぱいぱい飲まないかな」
などと話しかけることもありました。
(そのたびに「ううん、ぱいぱい飲むっ!」と反発はしていましたが)

それが最近、「ぱいぱい飲む」と言って片方を一瞬口に含むと、
すぐに「ネンネする」と自分から口を離すようになったのです。
お昼寝の時には、「ぱいぱい……」と少しモジモジした後、自分から「ネンネしよっ」と言い換えてベッドへ直行するときも出てきました。

この状態から完全な卒乳まであとどれくらいかかるのかはわかりませんが、
この後どのように成長していくのか、とても楽しみです。

ちなみに……、
授乳の頻度が減っていくのと反比例するかのように、
入浴時に、胸に顔をうずめたり、おっぱいを触りたがったりする頻度が増えています。
増えている、というよりは以前は全くなかった行動。
こうやって、息子なりに愛着の気持ちに整理をつけているのでしょうか。
上手に経過していって欲しいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

ネントレ定着後の昼寝と睡眠の法則!?

お昼寝をしなかった/できなかった日は、夜、就寝しておおよそ1時間後に大泣きして起き出す―――

理由はわかりませんが、この法則は絶対です。

ネントレが定着してから2歳6か月になる現在まで
息子には、日中2時間のお昼寝と、19:30頃~翌7:30頃までの連続睡眠というリズムが定着しています。

けれども、日中何らかの理由(お出かけや昼寝の直前にお友だちが遊びにくる、など)により
お昼寝時間が確保できなかった日の夜は必ず、
就寝1時間後に、大泣きするのです。

多くの場合は、ベッドに起き上がってワンワン泣いています。

そうして、穏やかに声かけしたり、しばらく抱っこしてゆすって、落ち着いてきたところで
ベッドに横たえ、布団をかけ、しばらく一緒にいると、再び眠る態勢に戻っていきます。

その後は朝まで起きることはありません。

翌朝はご機嫌もふつうです。

交感神経と副交感神経との兼ね合いだったりするのでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »