« トイレトレーニングを始めてみようか? | トップページ | トイレトレーニング、ちょっと前進?! »

2011年6月15日 (水)

しっかり受け止めるということ

朝食だ、片づけだ、掃除だ、洗濯だ、ゴミ出しだ……何かと忙しい午前中。

そんな朝から、息子がやたらとくっついてくる日があります。

正直「全部終わってからにして欲しい~」と思うわけですが、
そんな気持ちを抱きつつも、しっかり相手をしてあげるよう心掛けてみると

……しばらくくっつき回った後、今度は、上手にひとり遊びを始めます。

随分長い時間、ミニカーを走らせたり、電車を走らせたり、障子を左右に行ったり来たりさせたり、縁側に出て雄たけびをあげたり、クレヨンを部屋中にバラ撒いたり、椅子によじ登ったり、キッチンの扉を片っ端から開け放ち中のものを散乱させたり

……まぁ、全てがウェルカムではないのですが(苦笑)、
とにかく、随分落ち着いて長い時間をひとりで遊ぶことができるようになるのです。
その間に、こちらも結構色々なことができます。

反対に、家事をしつつ、適当に相手したり、しなかったりしていると、
いつまで経っても離れないし、ちょっとぶつかってもグズったりとなんだか落ち着きません。

これはほんの一日のさらに午前中という限られた時間でのできごとですが、

「幼少期にしっかり受け止め/向かい合ってあげると、子どもは安定して育つ」
と言われるのは、こういうコトなのかも知れないなぁ、なんて実感したりします。

|

« トイレトレーニングを始めてみようか? | トップページ | トイレトレーニング、ちょっと前進?! »

1歳8ヶ月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333864/40413190

この記事へのトラックバック一覧です: しっかり受け止めるということ:

« トイレトレーニングを始めてみようか? | トップページ | トイレトレーニング、ちょっと前進?! »