« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

睡眠時間

午後3時前、息子がお昼寝中の部屋の扉をそおっと開けました。

扉が半分くらい開いたところで気配を感じた息子が頭をもたげて様子を確かめています。
と、私とばっちり目が合うと、やおらベッドの上に枕を抱えたまま立ち上がり、にっこり笑いながら
ととと、ととと、ととと・・・とステップを踏み始めました。

か、かわいい(すみません)。

2時間4,50分は眠っていたでしょうか。最近1日1回にまとまってきたお昼寝は、大体1時間30分から2時間の間くらいですから、今日はちょっと長め。
おかげで私にも思いがけず時間ができて、少しゆったり過ごせました。

1歳過ぎたらこんな感じなんだと思っていたのですが、近い誕生日のお子さんがいる方何人かに久しぶりにお会いしたので、お昼寝の様子を聞いてみたところ、皆さん(男の子2人、女の子2人)一様に「大体1時間くらいになっちゃった」とのこと。(「なっちゃった」というのは、「以前のようにもう少し長く寝てくれれば、もっと家事も片付くのに、という思いからでしょう。)
しかも19時就寝、と言ったら「そんなに早い時間に寝てくれるの~」と驚かれました。皆さん、早くても20時、22時過ぎちゃう日もあるそうです。
ということは、息子は結構よく寝ている方。他の場所やお散歩中のバギーの上ではほとんど眠れないのに、自宅ではよく寝てくれていたんだ!0歳児の頃のほとんど授乳しっ放しだった頃を思うと驚くばかりです。
寝る子は育つ、といいますが、ことば通り育ってくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

最近の寝んねの様子

相変わらず19時就寝、7時~7時30分頃起床の生活リズムの1歳3ヶ月。

気がつけば、寝かしつけの授乳にかかる時間が随分短くなりました。10分~15分かかるか、かからないかくらい。それまでは下手したら30分以上1時間近くかかっていたことを考えると、着実に卒乳には向かっているのでしょう。
ぐびぐびしっかり飲んではいますが、量というよりは飲むという行為に満足して眠りにつくように見えます。

夜間は、1~3回程度起きてしまうこともあれば、ウエ~ンウエ~ンと2、3泣きしてそのまま自力で寝入ってしまうこともあれば、うんともすんとも言わずに朝を迎える(息が止まっているのではないかとちょっと心配になる・・・)こともあり、様々なので、進歩したとか後退したとか数日の変化に一喜一憂してもまったくのムダ。
長めにみると、やはり随分まとまって眠れるようになってきています。
(ちなみに、夜間の寝かしつけの授乳は復活させてます。こんなことがあったので、笑。夜間の授乳を我慢させると、翌朝6時30分前後に起きちゃうということにも気がつきました。)

また、確かに、このあたりの年齢になれば、ばっちり卒乳して、朝まで眠り続けることのできる子もたくさんいます。でも、反対に、やけに早起きで困るとか、寝入るタイミングを逃すと夜中の2時まで元気に遊んじゃう、なんて子もいたりで、他の子と比べて一喜一憂してもこれまたまったくのムダ。

そういう意味では、1歳3ヶ月にして、どの子もすでに十分に個性的なのです。大人になって変に力んで自己主張とかしなくても、そこにある肉体そのものが十分に個性的なんですよね。

食欲も変わらず元気に遊び、ご機嫌に過ごせているか、その子らしく成長できているかを観察しながら、家庭の事情に合わせなるべく規則正しく生活できてればOK、そう思うしかない!・・・と思うのです、私は。

ていねいに観察もするし、心配もたくさんするけれど、手放すところは手放して、無理に矯めない。修行はまだまだ続きます。ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上手にお食事?!

20110120_004_2 (あ、あんなところに!!)

今週末も息子はどんどん成長中です。

食事時、スプーンに食べ物をすくって、自分で口まで運んでいけるようになりました。
まだまだきれいには口に収まりませんが、食べたい器にスプーンをぐっと差し込んで、手元をふらふらさせながらも、口まで運び、唇にあたって跳ね返されたり、思わず口がスプーンを迎えにいくこともありますが、1週間前にはまったく見られなかった光景。
本人も嬉しそうです。すごいな~。
ただ、まだ大半は大人の手による食事です。息子のペースだけでは半日かかってもお腹一杯にならないでしょう(笑)。

そんな成長が嬉しい食事の時間ですが、困ったことも。

・飽きてくると、食べ物を手でつかんで、テーブルの外へぽいっ、と投げる。ものすごく楽しそう。

・こっちのお皿からあっちのお皿へ、あっちのお皿からこっちのお皿へと食べ物を移す。スープの中に副菜やサラダがぷかぷか・・・。ものすごく楽しそう。

・お茶(ほうじ茶を薄めたもの)を口に入れて、だぁ~っと垂れ流すのを繰り返す。ものすごく楽しそう。

「甘え」とは、「いけないと分かっているのに、止めないこと」だそうです。物事の善悪がわかる/伝わるようになるのは3歳くらいからだそうなので、1、2歳の頃に「(親が)困ること」というのは、子供を叱るのではなく、親側が困らないように工夫するべきなのだそうです。
また、上記のようなできごとは、むしろ成長の過程として自然なことなので、見守ってあげましょう!というのが一般論。
それはそうなんですけどねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

お助けグッズ?:笠かぶり犬

20110120_001
ご存知ですか?こんな犬の張り子。名前は「笠かぶり犬(ざるかぶり犬とも)」。
ちょっと上を向いて威勢のよい感じがまたかわいらしい。

鶴岡八幡宮でお宮参りをした際に八幡さまからいただきました。

お江戸は浅草のオモチャだそうで、「竹=ざる」に「犬」で「笑」になる、赤ちゃんにカンの虫が起きたとき、その虫をこのザルで取ってしまうという「虫封じ」など、赤ちゃんがむずからないようにとのおまじないとの説があるようです。また、犬のお産が安産なことにあやかって「安産」のお守りとしても知られているのだそう。

今回調べたら、子供が病気になったときには子供が寝ている真上に吊るして回復を祈ったり、鼻にこよりを通して同じく寝ている真上に吊るすと「鼻づまり」にならない、とか健康な成長にもご利益があることもわかりました。

確かに、息子は夜泣きもたそがれ泣きも人見知りもなく、カンが強いといわれることもなく大事なく成長しています。「笠かぶり犬」様・様ですね。

20110120_002 まんまるなおめめ。

20110120_003 こんな後姿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

お月さま

A0001_000009

日が暮れてからの散歩道、

胸に抱っこした息子が「あ」「お」とか声をあげながら空を指さします。

小さな指の先には、ぽつり ぽつりと続く街灯のあかりが。
あたたかな団欒を想像させるあかりのこぼれる窓が。

息子はきらきら光るものが大好き。

あぁそうか。
寒くて暗いから急いで帰ろう!と思ってちょっと早足で歩いていたけれど、真っ暗な冬の夜道だからこそかがやくものもたくさんあるね。

また息子が空を指さしました。

今度は・・・お月さま!
森の木々の合間から見えては、消え、また姿を現しては消えしてるのにあわせ、見えるたびに声をあげて指をさし、私の顔を覗きこみます。
純度の高い硬質な光がまばゆくほんとうにきれい。

そうだったね、冬のお月さまはほんとうに美しい。

君のおかげで大切なことをまたひとつ思い出せたよ。

20日の大寒(ダイカン:1年でもっとも寒い頃)は満月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

お助けグッズ:干しいも

386
どんなにグズっても、これさえあれば大丈夫。

なにがそんなに良いのだろう???

かめばかむほど甘みが増すところ?

ねっとりもっちりしたその歯ごたえ?

お腹にどっしり溜まる食べごたえ?

そうか、お日様の味がするからだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

すわ!?(その後のその後)

結果から申しますと・・・いつもより随分短めの1時間ちょっとで目を覚まし、起きるなりグズってかなりご機嫌ななめでした。オムツ替えしようとしたら泣くし、セーター着せようとしたら反り返るし。

む~、やはりそう簡単にはいかなかった・・・。

でも、今日もお昼寝のタイミングでヨチヨチヨチヨチと、自分から寝室に向かって行ったのです!昨日のようには上手く行かず、ベッドに乗せたら泣き叫びましたけど。
横たえたら泣きながら立ち上がり続けましたけど。

「このまま一気に卒乳!」という邪念が伝わったか?!そうかもしれない(笑)。

子供が1歳を過ぎると「まだ飲ませているの?」とやんわり否定的に聞かれたり、歯科衛生士から「卒乳しましょう!」とはっきり言い渡される(正確には断乳になるのでしょうね)ことがままあります。そもそも「1歳」で卒乳/断乳の根拠は何なのでしょう?
離乳食で栄養が足りるようになり栄養・食事としての母乳は必要なくなるから、歯が数本生え始めると母乳で虫歯になる可能性があるから、などはよく言われています。
しかしこれらの理由は(そもそも完全に正しいかという問題はさておき)、すべての子供=ジャスト1歳というわけでもないでしょう。心身の発達状況は千差万別です。虫歯はなりやすい歯(を持つ人)・なりにくい歯(を持つ人)があるといいますし、1歳で卒乳できない子供は自立心が育たないという話でもなさそうです。
一方で、2歳半くらいまでは子供の腸は未発達だから母乳中心に米食少々が良い、とかWHOでは2歳過ぎまでの母乳育児を推奨している、という情報もあります。
・・・となると、各家庭ごと事情に合わせ、その子の様子を見定め、さまざまなメリット・デメリットを比較検討して決めればよい、というところに落ち着くのかな。育児に関しては、すべての事象が同じ結論になる気もしますが・・・。

息子を見ていると、栄養源やお腹を満たすというより、こころの栄養としての役割が大きくなってきている様子。飲んでいる最中、いや飲めると分かった瞬間からそれはもう嬉しそう。それをいきなり(せっぱつまった理由もなく)断絶させるのもどうかと感じるので、もうしばらくは様子を観察しようと思います。
泣かせて我慢させてバイバイよりは、笑って自然にバイバイできたら素敵。
母乳育児という行為を通しては、まだまだ学びが多そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

すわ!?(その後)

なんと寝ていました。

はじめて授乳なしで自力で寝付いてくれました。

どうやったら授乳しないで寝付くようになるのか見当もつかなかったのですが、こうやって自然な流れで無理なく、でも思いもよらないタイミングでポ~ンと進むものなのですねぇ。

それはそうですよね、いつかは必ず授乳が必要なくなるようになっているのだから。

起きたときの様子が今から楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すわ!?

最近のお昼寝は大体10:00前後から2時間を超えたり超えなかったり。

授乳してから眠りに着くという流れ。

今日も間もなく10時になるかな、という頃に何をやってもイラつく、泣くようになってきました。

あ、そろそろ眠いんだな、と思っていたら、おもむろに寝室の方へ向かいだす息子。

じゃあ寝室で遊ばせながらそのまま授乳して寝かしつけるか、と一緒についていくと、いつもならベランダに出ようとしたり、窓を開け閉めしたり、ラジオをつけて踊ったりするのに、ベッドに乗ろうとしています。何の気もなしに、ひょいと乗せると、布団に抱きついたり枕をベッドの外へ投げたりして遊びだしました。

あらぁ珍しい、と思ったのと同時に「卒乳」の文字が頭をよぎりました。

このまま寝ちゃったりして・・・(まさかとは思うけど)。

そこでカーテンを閉め寝かしつけのときのように部屋を暗くし、それからしばらく、はしゃぐ息子のスキをみては、横たえて布団をかける、を繰りかえてしているうちに布団をかけられたままじぃっとし始めました。

え?いけるかも(もしかして)!?

そのまま「おやすみ~」と言って(さりげなく)部屋を出てみると、特に泣き声を上げたりもしません。隣の部屋で様子をうかがっていてると、再びベッドの上で遊びだしたようでドタンバタン音がします。時折、私を呼ぶときの声も聞こえてきました。

やっぱりいきなりは無理だよね~(でももう少し様子をみてみよう)。

そうして、気にしていると疲れるので(笑)、このブログを書き始めているわけです。
・・・なんて思っていたら、突然の轟音がブワワワワワワァ~っと。普段は静かな山の中なのですが、基地が近いからか、実は意外と飛行機の音がうるさい我が家。

よりによって今???

家中のガラスがカタカタしだして大合唱。これじゃあ起きるわ、今回はここまでだね、やれやれ・・・と思いながら飛行機が通り過ぎるのを待って、再び耳を澄ますと、
な、なんと隣室がすっかり静かになっているではないですか!!

ちょっと様子を覗いてきます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

2番目の言葉

最近、絵本の電車の写真を指さしながら

「デン」とか「デェ~」とか言ってます。

それから、犬の写真を指さしながら

「ワン」とか「ウォ・・・ン」とか言ってます。

街中で犬に気がつくと、指をさしてほんとうに嬉しそうに笑うので、対象物と名前も一致しはじめているのかも知れません。

すでに、息子のこの小さなからだの中には、言葉の種がいっぱいいっぱいつまっていて、今にも一斉に芽吹きそうです。

鎌倉に春が来るのと、どっちが早いかな?

ここ数ヶ月の成長ぶりは心身にわたりほんとうに驚異的!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

はじめての言葉

「○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・・・・・!?」

とにかく日がな1日中なにかをおしゃべりしている息子。
(夫も私も、何にでもとりあえず相槌をうっているからでしょうか?)

最近は、おしゃべりに節もついて、たまに歌っているようにも聞こえます。
(私自身は歌っている!と確信しているのですが、笑)

そして、去年の年末くらいからでしょうか、

「トォ・・・タン」
「オトォ、オトォ、オトォ」
「オトォ・・・タン」

そう「お父さん」!!!

夫とは「言えてるよね?」「うん、言ってる」「すご~い」と盛り上がっていましたが、他の人が聞いてもそう聞こえるかは、まだ「?」疑問符だなと思っていました。
けれども、新年に訪れた両実家でも「言ってるんじゃない!!」と盛り上がってもらえたので、これは「お父さん」と言っているのでしょう、きっと。

今日も、
夫のジャケットを引っ張りながら
「オトォタン」、

夫におやすみなさいをして寝室に移動した後に、今来た方向を指さしながら
「トォ・・・トォ・・・タン」

などと言ってました。

多分、コレが息子のはじめての言葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

1歳3ヶ月 こんな1日

最近の息子の1日の流れはこんな感じです。
(間の時間は何かしらずっと動き回っているのですから驚きですよね);

7:30  起床、授乳、着替え

8:30  朝食

         外遊びや買物をかねたお散歩など

12:00  昼食

13:00  ~15:00過ぎ 授乳してお昼寝 zzz

15:30 おやつ

17:00過ぎ 夕食

18:00 お風呂

19:00 寝かしつけ(授乳)→就寝 zzz

上記の通り、寝かしつけに授乳が続いていて、完全な卒乳はまだ難しそうな息子ですが、新年を迎えてから、夜間は起きても(泣いても)授乳しないようにしてみています。
(開始前までは、相変わらず夜間1~2回授乳していました。)

1日目は、30分ほど泣き続けて静かになり、しばらくして様子を見に行くと、大分動き回っていたようで布団のど真ん中に寝てしまってました。起こさないよう別の布団をかけて、そのまま朝。
2日目も、10分ほど泣き続けていましたが、そのまま静かになり、布団からもそれほどはみ出していませんでした。布団をかけ直して、そのまま朝。
3日目は、「ビエ~」っと一泣きするなり、静かになり、ちゃんと布団にくるまれていました。無事に朝。
そして今晩、21時30分頃にやはり「ビエッ」っと声をあげましたが、今のところそのまま静かです。

それまでは、ちょっとの物音で起き出してしまうので夫も私も結構気を遣っていたのですが、ここ数日で多少の物音では起きなくなったように感じています。
連続して眠れるようになると、眠りの質も深まるのでしょうか?

あ、眠りの深さについてはもう一つ。

1211_016
日中に外でどれだけ体を動かしたか、動かさなかったか、
これは昼寝の質に大きく影響しています!
1時間以上外で動き回っていて(バギーに乗っているだけではちょっと足りない)、さらに人に話しかけられたりという刺激が加わると、実に見事にぐっすり眠ります。眠りに落ちるのも早いです。寝起きもつやつやほっぺ。

大人もきっと仕組みは同じはず。

あなたは今日はどれくらい体を動かしましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

歯のおそろしい力

Foodpic818475

これ、フォーク・・・でした(過去形)。

食事中にいともたやすくパキッと。

歯ぐきに心地よかったのか、満面の笑みを浮かべていましたけれど。

(折れた部分はちゃんと回収しましたのでご安心を)

ちなみに、現在の息子の口の中;上4本と生えかけ2本、下4本、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

元旦の風景

あけましておめでとうございます。
20110103_003

今年の元旦も例年通りに両実家を訪れ賑やかに過ごしました。

おじいちゃんやおばあちゃん、親戚や従姉妹たちに囲まれた息子は、始終ご機嫌でニッコニコ。

息子が笑えば、周囲も笑う。
周囲が笑ってくれれば、息子さらに笑う・・・のループで、心なごむ一年のスタートとなりました。

さまざま人たちと触れ合うことでおおいに刺激を受けたか、ここ数日で息子大成長!?

欲しいもの、興味のあるものを指差して知らせ、

音楽に合わせて膝を屈伸させ(踊ってる?)、

嬉しいときには、はっきりと笑い声をあげ、

満足すると両手をたたき、

「きらきら星」の唄に合わせて手をひらひらさせ、

人と目が合うとにっこり微笑み返す などなど。

一方で、

食べたくないと頑なに口を閉じ、

さらにスプーンやフォーク、コップにお皿を投げ、

動きたくなければ全身を反り返らせて抵抗し、

外遊びから家に戻りたくなければ、地面に寝てでも動かない

などなど、意思表示も手強くなってきました!

それもこれも全て喜ばしい成長の証、と頭では分かっているものの、
なかなか冷静になれない自分に気がつく年初めでもあり・・・。
私も一緒に成長していかなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »