« 立っち!その2 | トップページ | 何から逃げるの? »

2010年8月27日 (金)

遊びから学ぶこと

最近の息子の遊び方:

手に持ったオモチャを別のオモチャにぶつける

手に持ったオモチャを別のオモチャに重ねて乗せようとする

手に持ったオモチャをカップ状のオモチャや食器に入れようとする

スプーンを食事用のテーブルから落とす

枕や一緒に寝ている熊さんをベッドの柵の間から落とす

オモチャを夫や私に手渡し(押し付け)、再び取り戻す(もぎ取る)

ラッパのオモチャを吹いてみて、自分では音が出ないことがわかると夫や私に「吹いて」と手渡す(押し付ける)

などなど

モノとモノとの関係性や因果関係(枠の外へ押し出すと落ちる/視界から消える)を学び始めているのでしょうか。

こういう体験の繰り返しもコミュニケーションの基礎なのかもしれないなぁ、なんて思いながら見ています。

|

« 立っち!その2 | トップページ | 何から逃げるの? »

生後10ヶ月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333864/36397730

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びから学ぶこと:

« 立っち!その2 | トップページ | 何から逃げるの? »