« ネントレ:初めての外泊 | トップページ | 『育児の百科』 »

2010年6月22日 (火)

現代アロマセラピー考

毎日ジメジメ梅雨らしいお天気が続きますね。

ペパーミントの精油をお持ちの方は、ティッシュペーパー1枚に数滴垂らして、細かくちぎって掃除機に吸い込ませましょう!掃除機の排気が爽やかになるので、お掃除の時間が楽しくなりますよ!赤ちゃんやペットのいるご家庭は、濃度に注意。様子を見ながら行ってください。

とかお伝えしつつ、息子が生まれてからというもの、アロマセラピーを実践する頻度がぐっと減りました。
赤ちゃんという存在そのものがまさに大自然で、植物の力さえ過剰というか邪魔な気がして。もちろん息子が常に最高のコンディションを保っているわけでは全くないのですが、行きつ戻りつしながら(福岡伸一さんの言うところの「動的平衡」状態)、恒常性を保っている息子なりの生体の調和を尊重したいから。

そうでなくても、部屋の外には、花のニオイ 草木のニオイ 土のニオイ 風のニオイ 水のニオイ 様々な自然の香りがあふれています。
色にもニオイを感じるし、光の様子をニオイに例えることもできそうです。空気の香りって、鼻だけでなく、肌でも嗅ぎ取っている気がします。

今朝は、玄関を出た途端に爽やかで甘い花の香気に包まれ、とても明るい気持ちになりました。何の花かとか、成分は何かとか、そんな情報は全然要らない。

それらは全部、息子を通じて学んだコト。

やっぱり自然が一番気持ちいい。

アロマセラピーが現在これだけ流行っているのは、「失った自然を体内に取り戻したい」、そんな人類の切実な衝動によるものなのかも知れません。

|

« ネントレ:初めての外泊 | トップページ | 『育児の百科』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333864/35409453

この記事へのトラックバック一覧です: 現代アロマセラピー考:

« ネントレ:初めての外泊 | トップページ | 『育児の百科』 »