« いよいよ警戒体勢に | トップページ | ステップアップ »

2010年4月27日 (火)

気をつけていること

今日の読売新聞朝刊に「チンパンジー 悼む心?」という記事が掲載されていました。
母親チンパンジーが亡くなった子供を放置せず、ミイラ化するまで離さなかった、というお話。心に沁みます。

さて、今まであまり意識してやっていたわけではないけれど、心がけていて良かった(かも)と思えるコトをいくつかご紹介します。

・添い寝の息子、左右交互に
添い寝乳で同じ布団に寝かせていますが、昨日私の左側に寝かせたならば、今晩は右側・・・というように、毎晩左右を入れ替えています。どちらかに偏らせると、向き癖がついちゃうかしらと思い、添い寝乳に不慣れで親子ともども苦労していた出産直後から意識しています。最近「頭の形がキレイだね。」と続けて褒めていただいけて、コレのせいかな?と。分からないですけどね。ちなみに、ドーナツ枕の類は使わずにフェイスタオルを折りたたんで頭の下に敷いているだけです。授乳のたびに上半身起こしてにじり寄ってくるのでタオルの上に頭が乗っている時間は短く、あまり役立っていないようですが(笑)。

・授乳は左右交互に
皆さんそうされているのかと思ってましたが、「子供の頭を左側に抱くほうが楽だから、ついつい左側の授乳が多くなっちゃって」と仰る方もいるのですね。人それぞれ身体のクセや構えがありますから一概には言えませんが、できることならば左右(なるべく)対称に飲ませると良いんじゃないかな、大して根拠はないですけど。やはり、使われていない機能はサボってしまうだろうし、一日の結構な時間を授乳に費やすことを考えると、授乳姿勢が母体の姿勢に与える影響もあると思います。肩こりや腰痛持ちの方などなおさらで、症状の緩和までいかなくとも、せめて悪化させないよう一度チェックしてみると良いかもしれません。ついでに、首の角度も前に屈みこみ過ぎていないかチェック。
軽いこわばりは、前屈の要領で上半身を前に倒し、だら~んと脱力するだけでも随分軽減されると思います。お口の中まで脱力!ですよ(←意外と抜けていないハズ)。

・冗談でもネガティブなコトバかけはしない
ロルファー(ロルフィングという筋膜にアプローチする繊細なボディワークを行う人)である友人に抱っこされた息子がニコニコしていたので、「今日はここに置いて行っちゃおうかな~。」と言ってみたところ、友人が「今のちゃんと分かってるね。」と教えてくれました。身体がかすかに反応したようです。まだまだ会話など成立するはずもない幼い「人」ですが、こちらから発する言葉を存外しっかり受け取っているかも知れません。さすがにシャレまでは理解してもらえないかも?なので、皆さんもお気をつけください。
どうせならポジティブな言葉をた~っぷり!言葉で身体が変化する、それって究極のホームメイド整体術です、きっと。

|

« いよいよ警戒体勢に | トップページ | ステップアップ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333864/34999531

この記事へのトラックバック一覧です: 気をつけていること:

« いよいよ警戒体勢に | トップページ | ステップアップ »