« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

春の嵐か、鬼のかく乱か?

ここのところ、気温の変動が激しいですね
皆様は体調崩されたりされていませんか?

私は・・・久しぶりに大ダウンしました・・・鬼のかく乱?春の嵐??

日曜から悪寒・頭痛・吐き気・鼻水など風邪の見本市のような症状に見舞われていました。
以前ならば、頚椎7番(背中側の首の付け根あたり)と仙骨にホッカイロを貼って、ビタミンCを定期的に摂取しながら絶食して一晩ゆっくり寝れば大丈夫!なところですが、

息子がいる今、授乳やその他のお世話で自分のリズムで休むことはままならず、
絶食して胃腸を休ませたいけれど母乳が出なくなったらと考えると食事もした方が良さそうだし、
いつもは全然気にならないおむつ交換時のニオイで吐き気が強まる自分に自己嫌悪する始末です(涙)。

変なところで、育児の厳しさを実感してしまいました。

ちなみに、今回の窮地を救ってくれたのはホメオパシーのレメディ。
症状は色々ありましたが、進行は緩やかなように感じたので、まずは「Ferrum phos.(フェルム・フォス)」をチョイス。30分おきに3回ほど摂取して翌朝にはほとんど熱感はなくなっていました。
母乳育児中なので、市販薬はちゅうちょする中、
自分がホメオパシーを摂取するのは初めての体験でしたが、ほんとうに助かりました~。

ちなみに、母体が風邪を引いている間の授乳ですが、
その期間の母乳には、その風邪への抗体がたくさん含まれているので、むしろ積極的に母乳を飲ませることで、赤ちゃんは感染しないか、感染しても軽くて済むとのこと。
知れば知るほど、自然の仕組みは素晴らしいですね。

息子は今のところ元気に過ごしています。
今も後ろで、腹ばいになりながら右へ左へ動き回っています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

生後5ヵ月も過ぎ

早いもので、生後5ヵ月も半ばを過ぎ、息子の成長もますます目覚しいものがあります。「こうしたい!」「こうして欲しい!」という欲求や好奇心が垣間見られるように思います。

できるようになったこと:

・笑い声
笑顔を見ると、満面の笑みで応えてくれます。その反応にかかる時間が大幅に短縮!人見知りは全くなく老若男女、誰にでもsmile!
笑顔と一緒に咳き込んでいるような声の出し方をするときがるのですが、どうやらこちらの笑い声に合わせて、笑い声をたてようとしているようです。

・寝返り
寝返りは、得意な方向と不得意な方向、どちらもできるようになりました。得意な方向は、いとも簡単そうにクルッと起き上がります。朝、気が付くと隣でうつぶせになってモゾモゾ活動し始めていることも。添い寝で授乳中に、必要ない(と思う)のに寝返って飲もうとしてみたり。ただし、元の姿勢には戻れません。
最近すっかり気に入っているのが、うつ伏せで手足を上にあげる姿勢です。スカイダイビングしている人のような。疲れるまで自主的に反復練習中(笑)。

・方向転換
うつぶせの姿勢で、行きたい方向へ少し近づいていけるように。時には、腰を浮かせてハイハイに近い体勢で床をキックして前進することも。私のいる方向へ方向転換できるようにもなりました。

・お口でチェック
とにかくまずはお口へ。何でも口に持っていこうとするし、口から近づいて行きます。あまりにもためらいなく口へ入れようとするので、ベッドに物を置かないようにしています。
ちなみに噛む力は相当なもの。歯が生える前でむずがゆいのでしょうか?

・手の動き
掴む力が随分強くなりました。ある程度の重さならば掴んで振り回せます。プラスチック製のおもちゃを振り回して頭にぶつけては、不思議そうな顔をしています。痛くないのかしら?
右手をより上手に動かします。利き手でしょうか?

・反応
「上手 上手。」と手をたたいて見せると、ほめられた運動を喜んで繰り返します。行動療法の原点(笑)。
なぜか鼻をかんでいると喜びます???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

池川明先生にお会いしました!

良く晴れたお天気も続き、いよいよ春到来だと感じられるようになってきました。
別れや出逢い、終わりや始まり、期待や不安・・・
春は何かと心騒がしい季節でもありますね。

そんな節目の季節に、

胎内記憶のご研究の第一人者であられる池川明先生にお会いするという好機に恵まれました!!

ロワゾブルーでは、昨年から妊娠期のお母さんやお父さん向けの「こころの健康講座」という企画に取り組んでいます。
ホリスティック(=いのち丸ごと)という視点から考えるとき、生老病死の「正」の部分への働きかけとして、妊娠・出産・子育て期を外すことはできません。
その妊娠~子育て期にある方々へ、私たちの持つスキルや情報を役立てていただくことはできないだろうか、それがひいてはより良い未来の日本社会に微力ながら役立つのではないか、そんな想いから生み出された企画です。

その活動や想いをどう展開させていけば、必要されている方々に届くのかについて現場の実情を踏まえたアドバイスをたくさんいただきました。そして、たくさんの勇気も!

また、今回、初めての「子連れ出勤」をさせていただきました。
池川先生が快諾してくださったことが最も大きな成立要因であり、
面談中に授乳やおむつ替えもOK、という他ではなかなか実現しがたい環境だったので、帰宅まで息子が激しくグズることもありませんでした。
誰かに預けて出かける方が効率的かと思いきや、一緒にいる方が安心し落ち着いて、かつより意欲的に仕事に臨めるんだな、というのが率直な感想です。
子供の前で、情けない姿は見せられないですものね。
母親側がビジネスルールを尊重することが大・大・大前提にはなりますが、「子連れ出勤」という選択肢が今後広がるといいなぁ。

clip「プレママ&プレパパ向け こころの健康講座」は、お産にかかわる活動をされている方々にご活用いただける妊産婦さんやパートナー、ご家族向けのメンタルケア(精神状態の改善)を中心としたプログラムです。ご関心をお持ちの方には資料をご用意しておりますので、「ロワゾブルー」(赤坂見附;アロマ・整体・リフレ・カウンセリング・ゲルマ他)までお問い合わせくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

お助けグッズ:腹帯deおんぶ紐

先日、読売新聞の夕刊に腹帯を使ったおんぶの仕方が紹介されていました。

「おんぶ」が一番、家事や外出てきぱき(2010年3月5日  読売新聞)

おんぶ育児の会@首都圏

ちょうど首も据わってきましたし、既成のおんぶ紐だと息子の顔が私の背中に隠れてしまうのが気になっていたので、早速試してみました。

二人とも不慣れなので、かつぎ上げて背中のちょうど良い位置(息子のお尻が私のアンダーバストの高さ位)に乗せるのがちょっと難しかったですが、結び終えると、重心が高くぴったり密着しているので、それほど重さが気になりません。息子も顔が出ているので楽そうですし、いつもと違う高さの風景を興味深そうに見渡していました。

これなら随分色々なことができそうです!

というわけで、早速冬の間手付かずになっていた庭へ出て、枯れ葉の掃除を始めました(笑)。
そうしたら、お隣の方が背中の息子を見て「あら、おめでとう!」と声を掛けてくださいました。

ご近所づきあいにも役立つなんて!なんて素敵な昔の日本の知恵!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

離乳食スタート

生後5ヵ月と10日あまりが経過しました。

離乳食の開始時期について
最近は「生後五ヶ月から離乳食を開始するとアトピー体質になる」
(腸は一歳前後で完成するので、それより早く離乳食を与えると、たんぱく質を分解せず吸収して抗原となり、アレルギーを起こす可能性が高いため)という説が注目されていたりします。

2歳まで必要なし、とも見聞きします。

それも一理あるかな、と思い、
離乳食は、6ヶ月かそれ以降になるべくゆっくり始めようと考えていたのですが・・・

最近、ヨダレの量は激増するし、
ただでさえ何でも口に持っていく時期なのに加え、
私たちの食事中、一緒に口をモグモグさせたりし始めたもので
なんとなく「もう準備できつつあるのかなぁ」と

一昨日、初めておかゆを用意してみました。

口許にスプーンを持っていくと、
ほとんどためらうことなく、いきなりガブリ!ペチャペチャ、ゴックン

!!!

スプーンを舌で押し返したり、口から吐き出すこともなく、
上手に飲み込んでしまいました。
それどころか、次の一匙を待ち構える風。

野口整体の野口春哉さんの本には、棒状の牛肉をしゃぶらせよ、
とありますが、それ位イケちゃうかも?!と思いました。

試してみようか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

毎日がはじまり

久しぶりに太陽が顔を覗かせてくれました。
肌寒くても、陽射しがあるだけで随分気持ちが明るくなりますよね。

朝、あわただしく家事を済ませながら頃合いを見計らって息子を起こしに寝室に行くと、
すでに目を覚まし、一人で静かに天井を見上げていることがあります。

ぱっちり目を開いて、周囲を見回している様子は、
まるで初めてこの世に出会ったかのよう。

毎朝を新鮮にそんな心持ちで迎えることができたら・・・
世界はどれだけ拓けるでしょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

発疹、大丈夫でした

昨日、息子の顔に突然現れた発疹に動揺してしまいましたが、
すっかり消えていました。
一安心です。

不調の原因が複雑怪奇(!)に入り組んでいる我々オトナと違い、
赤ちゃんの反応は早くて時に過激ですが、
経過と回復も早い!

そして、自然治癒力の存在とその力を確信させてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

春と発疹と反省と

まさに三寒四温な今日この頃。

鎌倉を散歩していると、
白いのやら紅いのやら桃色のやら梅の木が多いです。
もう沈丁花も咲き始めていますね。

間違いなく春はすぐそこ!

全く関係ないですが、今朝起きると息子の右目が腫れぼったい。
右側を下にして寝ていたからかな~と思っていたのですが、
明るいところで見ると、右目の周辺や眉の辺り、
左の頬など顔の数箇所に赤い発疹が出ていました。

生後1ヵ月位までは乳児発疹が出ていましたが、
それ以来久しぶりです。

原因は不明ですが、ここ数日の自分の食生活の乱れを猛省。

卵?チョコレート?小麦粉???
春に向けて、毒素が対外に出やすくなっているのでしょうか?

食生活を見直すと共に、
カレンデュラクリームを塗って様子を見ることにします。

明日は予防接種の予定ですが、大丈夫かな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »