1歳8ヶ月

2011年6月16日 (木)

トイレトレーニング、ちょっと前進?!

どうやら、「尿意を覚えた=トイレに行く」は理解しているようなんですよね、ここ数日間で。

気が向いたときしか教えてくれないのですが、
突然、視界に入り込んできて「し~し~し~」と必死な顔で教えてくれるのです。

「え?トイレ?」と聞くと、「といれぇ」。

「じゃあ行こうか。」と、トイレへ向かうよう促しながら、こちらも間に合わせようと必死。

しかし、いざ便座に座らせるとしばらく満足そうにしているのですが、間もなく「おりる、おりる」「あっこ(抱っこ)」と言い出します。
用は足せていないのですが、トイレにいることが苦痛になってはいけないと、言われるままに便座から降ろすと、おむつもせず、元気に部屋へと駆け戻っていく息子……。

まだ、遊んでいるだけなのかな?

始めて2週間だしね、と少々残念に思いながらも、トイレを元通りに片付け後から部屋へ戻ると……

な、なんと お漏らししてる!

と、そんなことが昨日と今日で1,2回ずつあったんです

どうやら、確かに尿意は把握でき始めているらしい
けれども、便座で用を足すことまでは理解できていない、もしくは、便座(大人用の便座に子供用の手すりを載せる形)で用は足したくない/足せない みたいです。。。

最初に大人用の便座に座るよう教えてしまったので、今さら床置きのおまるは気が進まない様子ですし

さて、ここからどうしましょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

しっかり受け止めるということ

朝食だ、片づけだ、掃除だ、洗濯だ、ゴミ出しだ……何かと忙しい午前中。

そんな朝から、息子がやたらとくっついてくる日があります。

正直「全部終わってからにして欲しい~」と思うわけですが、
そんな気持ちを抱きつつも、しっかり相手をしてあげるよう心掛けてみると

……しばらくくっつき回った後、今度は、上手にひとり遊びを始めます。

随分長い時間、ミニカーを走らせたり、電車を走らせたり、障子を左右に行ったり来たりさせたり、縁側に出て雄たけびをあげたり、クレヨンを部屋中にバラ撒いたり、椅子によじ登ったり、キッチンの扉を片っ端から開け放ち中のものを散乱させたり

……まぁ、全てがウェルカムではないのですが(苦笑)、
とにかく、随分落ち着いて長い時間をひとりで遊ぶことができるようになるのです。
その間に、こちらも結構色々なことができます。

反対に、家事をしつつ、適当に相手したり、しなかったりしていると、
いつまで経っても離れないし、ちょっとぶつかってもグズったりとなんだか落ち着きません。

これはほんの一日のさらに午前中という限られた時間でのできごとですが、

「幼少期にしっかり受け止め/向かい合ってあげると、子どもは安定して育つ」
と言われるのは、こういうコトなのかも知れないなぁ、なんて実感したりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

トイレトレーニングを始めてみようか?

しばしば母から聞いていた話;
「昔は、1歳の夏にはおむつを外していたものだ。」

へぇ~
最近の主流は、2歳かな、3歳かな?
いずれにせよ、随分遅くなっているようです。

そういえば、先日道で話かけてくれたおばあさんも
「孫のおむつ外しを任されてね、上の孫は1歳3ヶ月、下の孫は1歳6ヵ月で~」
というお話を誇らしげにしていたっけ。

というわけで、せっかく布おむつしているし、ちょっと挑戦してみるかな、
1歳夏のおむつ外し!

どうやら夏に入ってからでは遅いらしいので、6月に入ってからは、一緒にトイレに入ったり、おまるに座らせてみたり、という辺りから、そろ~りそろ~り始めてみました。

最初の段階から、トイレの場所と、
「トイレ=し~し~し~ と~と~と~」であるという音との関連付けは覚えたようでした。
おまるに座ることも、レクリエーションとしては抵抗感なく。
便座にセットした手すりにも楽しそうにつかまっていました。

なので、「トイレ行くよ」と声をかけると、
「し~し~し~ と~と~と~」と言いながら、一目散にトイレへ走っていくように。
何だか微笑ましいです(笑)。

さて、と……

これからどうすれば良いんだろう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開

1歳4,5ヵ月を過ぎた頃から、ことばや運動能力、コミュニケーションなどさまざまな面での発達がまさに目をみはる勢い。

それも、教えた覚えのないことがいつの間にかできるようになっていたり、でほんとうに驚かされます。

今では犬とネコが違うことも理解しているし、
大好きなリンゴが「赤い」こと、バナナは「黄色い」ことも分かってる
絵本のリンゴの絵や写真を指でつまんで口へ持って行き食べるしぐさもすれば、
ぬいぐるみの「ワンワン」に自分のお茶を分けてあげようと、実際に飲ませる!
(その後、必死に拭き掃除するハメになるものの)

あまりにめまぐるしすぎて(?)、この1ヶ月というものブログに記録を残してこなかったことを後悔しつつ、また無理ないペースでつづっていこうと思います。

20110514artfes_gravity

| | コメント (0) | トラックバック (0)